この時期は「畑」も忙しい(笑

丁度この時期は、畑が賑やかになる時期。

秋冬の野菜が終わり、春から夏にかけての野菜の準備の時期だからだ。

少し前に、夏物野菜の苗を植え付けたのだが、今日は、その野菜達が成長をした際に必要となる「支柱」などの設置作業から1日がスタート。

今、畑はこんな感じになってます。

現在植えてある「苗」と「たね」は

トウモロコシ、甘とうがらし、ピーマン、茄子、ほうれん草、トマト、ミニトマト、枝豆、ゴーヤそしてメロン!

昨年の末から育てていて、もうすぐ収穫時期を迎えるのが、タマネギとニンニク。

中央上部にあるのが、トウモロコシ。トウモロコシは、虫が付きやすく、一昨年悲惨な目にあい、昨年から、成長した茎を支える為の支柱にキラキラと光るテープを設置。

昨年それなりの効果があったからね〜。

左中程に写っているのが「甘とうがらし」と「ピーマン」。こいつらは、とにかく背丈が伸び、結構なボリュウムになる為、しっかり支えてやらないと大変な事になる(倒れる)。

そして右中央にあるのが「メロン」。

昨日、水やり用のシャワーヘッドが壊れたので、新しい物を購入しに行き、その際に、メロンの苗があったので購入してみた(笑

昨年もメロン挑戦したのだが、選定に失敗(ミス)をしたので、今年リベンジです。

中央下部の、何も無い畝には「ほうれん草」の種が撒いてあります。

それから…..

茄子!

これは夏の定番野菜だよね。比較的容易に育てられ、収穫も楽しい。ただ「連作障害」が出るため、同じ畝(場所)には、続けて植えられないため、植える場所を移動して植えなければならない。写真の奥に映っているのが「ニンニク」。

続いて

手前に写っているのが「トマト」と「ミニトマト」。こいつらも、でかくなるので、しっかりとした支えが必要。

写真奥に映っている「ネット」。これは「ゴーヤ」用。蔓が伸び、そこに垂れ下がるように実が付く。中央に写っている畝には「枝豆」の種が撒いてあります。

「ゴーヤ」は、もしかしたら場所を移動する可能性大。「タマネギ」の収穫が終わったら、その場所に移動しようかと考えてます。

先出の「メロン」の苗。昨年の失敗を教訓に、今年は、色々策を練っての再チャレンジ。結果が出るのに半年、失敗したら次にチャレンジ出来るのが1年後…..。そんな超スローな挑戦が、野菜作りの醍醐味。

もちろんその年の気候にも大きく左右されるし、とにかく「コンビニエンス」な現代の流れとは真っ向から逆行する「野菜作り」はほんと、自然との会話なんだよね。

もう少しで「収穫期」をむかえる「タマネギ」。葉も青々と大きく育ち、球根部が大きく膨らみ始めています!

こうやって、自分で野菜を作っていると、ほんと「旬」や「季節」を感じ、そして「生」ある物を頂いて生きているんだと実感し、「頂ける」事に感謝な日々。

近々「ミミズ」取りに行ってこようかな〜(笑

カテゴリー: 日々雑多な日常, 農ライフ! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください