「キッズダンス」に関して思う事。

ここ近年「キッズダンス(中学生以下のダンス)」の需要が広がり、何処のコンテストを見ても「キッズ」があり、ダンススタジオでも「キッズ」のレッスンが多く設定されている。

俺自身も、ここ数年「キッズ」を教え、今抱えている生徒の多くが「キッズ」であることに間違いは無い。

ダンスの世界の今後を担う「子供達」が、熱心に練習をし、そのスキルを上げて行く事は、教えている側の立場として、そして、長きにわたってダンスをしてきた人間として、素直に嬉しく思うし、今後の成長を大きく期待する1人でもある。

しかしだ、ここ数年、この広がりを見せる「キッズダンス」の表と裏というか、負の副産物と表現するのが良いのか、どう表現するのが正確なのかわからないが、確実に「良く無い」現状が現れ始めているのを目にする(感じる)機会が多くなってきたのは事実である。

そして、それに対し、非常に懸念を覚え、同時に大変悲しくも思う。

ここ最近、俺の中にひとつの大きな疑問が生まれている。

「子供達はダンスが本当にしたいんだろうか?」である。

数字が大きいか、小さいかは別として、「本当にダンスをしたい」と思っている子供が居る事は事実だ。

そして、そういった子供達は、色んな意味でストイックに「努力」を積み重ねてもいる。

とても地味で、過酷な「努力」を続ける事は、決して容易ではない。それこそ「本気(意識が高い)」だからこそ、継続する事が出来る。

しかしだ、決してそうではないと感じる子供達も多くいるのが事実。

そして、そういう子供達に限って「親」の存在が目に付く。

小学生の子供達ってね、明確な「意思決定」なんて、出来る子ってほんと極わずかだと思うんだわ。

「(親)ダンスやってみる?」「(子供)やる〜〜〜!!!」

「○○君がダンス習ってるんだって。僕も習いたい!」

昨今、テレビなどで「カッコ良いダンス」を目にする機会が増えた事もあり、ダンスに対する壁が下がって来ている。

しかし考えてみて欲しい。テレビで見る「カッコ良いダンス」ってさあ、今日始めて明日踊れるって言うもんじゃない。

格好良く踊れるまでには、数年、数十年という長い時間の積み重ねがあり、その末にダンサーとして「格好良く」踊れるようになる。

ダンスは「体操」ではない。ただ身体を動かすだけでは「ダンス」にはならない。ダンスを踊る為には、技術の他に、感性の成長も必要なのだ。

小学生にそんな「感性」なんて、そうそう備わっているはずがない。だって、これから「人生」を積み重ね、その様々な経験から「感性」を育てて行く、プロセスの道半ばなんだから。

このことを理解している「親」は良い。だからこそ「レッスン」を受けさせ「今」結果を求めるのではなく、ちゃんと「将来」を見据える事が出来るから。いわば、子供達に対する「先行投資」だよね。

しかし問題は、この事を理解出来ない親だ。いや、正確には「頭」では理解しているのだろうが、「感情」が先に立つ親かな。

俺が、今回「思い」をはしている「キッズダンス」に関してとは。

実際「本当」にどれだけの子供達が「ダンス」をやりたいと思っているのか。なんだわ。その言葉の裏には「どれだけの子供が『親』にダンスをさせられているのか」ということ。

当然、子供だから自分でレッスン代を払えるはずもなく、当然そこには親のサポートがあっての事になる。このね「三角関係」が時として微妙な状況を生み出す事になるわけさ。

最近よく耳にするのが「センター」という言葉。

AKBとかで「センターを取る」「センターの子が中心」みたいな流れってあるでしょ。

あれはさあ、作られた「アイドル」の世界の話し。ダンサーにセンターもクソもないっつーの。

しかも、その子にずば抜けたスキル(テクニックや感性)があれば良いよ。親にしたら、我が子な訳だから、高評価なのに決まってるやンねえ。

でもね、そのスキルを判断するのは「先生」であったり「振り付け師」であったり「ディレクター」や「プロデューサー」なわけさ。

そして、その彼らが「高評価」を下さなければ、その親は「モンスターペアレンツ」に豹変する(爆

ダンスは「義務教育」ではないので、モンペに豹変した所で、どうにもならん事をなんで理解出来ないんだろうね?

逆に、自分&自分の子供の居場所がドンドン狭くなって行っている事になんで気が付かないんだろうか?

あ!だから「モンペ」なのか(爆

俺のレッスンでは、そういう子(親)は寄りつかないというか、離れて行きます。

逆に、地道に積み重ねる「意識」のある子しか残りません。

その代わりに、そういう子供には、俺はトコトン向き合う。そして、数年後、数十年後に大きな花を咲かせて欲しいから。

だからこそ、地味で、辛く、過酷な基礎レッスンを延々と与え続ける。それには意味があるからこそ、俺はその筋を変えない。

即効性は全く無い。でも、ボディーブローのように「確実」にそれは実になり、フトした瞬間に、それが見えてくるようになる。

早い子で「半年」かな〜。その代わり、その半年、俺のレッスンの時間だけではなく、自分自身で、日々の練習を積み重ねる努力を怠らない。

しかし、先出の「モンペ」は、言葉巧みに「周囲」を味方に付けようと必死になり、その瞬間瞬間に周りに「仲間」を置き、対する意見に集団で立ち向かおうとする。

愚かなんだよね…..。数で勝てるような世界じゃない「リアル」に勝る物は無いんだよ、この世界は、そういう事をしていると逆に「潰される」よ。

この世界、ただでさえ狭いんだからさ。

この手のたぐいの話、俺の周辺だけではなく、周りの若いインストラクター達からもよく耳にする。

ほんと、何処にでも居るんだよね。

流行かなにかわからんが、少なくとも「HIP-HOPダンス」「HIP-HOPカルチャー」に携わるのであれば、HIP-HOPの定義である

Peace, Unity, Love Having Fun

この意味をちゃんと理解し、その上で、れっきとした行動を取っていただきたい。

少なくとも俺の目の届くところでは「例外」はあり得ないから。

ダンスをやっているのは「子供達」、その一生懸命に汗を流している子供達を、取り巻く大人が「潰す」事があってはならないのさ。

まずは「自分の子は上手くない」という考えからスタートしましょう。先生に直接「うちの子は下手ですか?」って聞いたって「そんな事無いですよ」って返ってくるに決まっている、だって、それは「社交辞令」だから(笑

本当に上手いと思える子供(上手くなる素質を持っている)は、なにも言わずとも「先生」が引っ張り上げて行くから。

ただ……..。多くのインストラクターは「ビジネス」であることをお忘れなく(笑

 

あ〜〜〜!そっか!

わかったぞ!!!だから俺は儲からないんだ…….(爆

カテゴリー: ダンス, 日々雑多な日常 パーマリンク

「キッズダンス」に関して思う事。 への16件のフィードバック

  1. 伊藤 佳代 のコメント:

    はじめまして。子供のダンスについて考えることが多く、なんとなくで貴方のブログを読ませてもらいました。
    私は「モンペ」なのかもしれません。先生に対して物申したわけではありませんが、ここに書かれている「モンペ」のことがよくわかってしまう・・・。「センター」なってくれればこんなにうれしいことはない、報われたと感じる響きですね。でもそこまで上手くないこともよくわかってます。ダンスは楽しくやっていて、家で練習もするけど、地道に努力を続ける熱さがない。
    音楽にのれていないと先生に言われてもどうしていいかわからない。真面目なぴっちりしたhIP HOPしか踊れない。先生からはその他大勢のバックダンサー呼ばわり。お披露目なんかできないと。
    何も響かない感動しない伝わってこない。こんなことを言われ続けて2年です。
    それでも子供は楽しいから続けてます。じゃあ、いいじゃないか・・・。
    そうなんですが、私の気持ちがついていかない。
    習い事、たかが習い事、されど習い事。
    ここは悶々とした気持ちをおさえて耐えるべきなんでしょうね。私のダンスじゃない。
    やる気の無い子は前に来ないで。ただ踊りたいだけっていうのなら後ろでやってて。
    やる気はあるはず。覚えたいから前に行く。それでも先生はそう思えないからそんなこと言うんでしょうか。
    後ろで自己満足の世界で細々とやるべきなんでしょうか。

    すみません。とってもグチグチです。

  2. ENGIN#9 のコメント:

    伊藤さん、コメントありがとう御座います!

    まず、伊藤さんのお子さんの踊りを直接見たことがないので「上手い」「下手」に関しては僕からは何とも言えませんし、その周りにいるこの踊りも同じです。
    また、インストラクターさんに関しても、その方がどういう方なのか判断付かないためそこに対するコメントは控えますね。

    さてその上で、コメントから読み取れる範囲でお返事をさせていただきます。

    勝手な想像ですがお子さんは「小学生」だと推測しています。

    実際にお母さん自分自身が「小学生」の頃を思いだしてみてください。
    お母さん自身、または周りの友達が、何か突出していた子って居ましたか?

    様々な意味で、今と昔では生活環境から、情報に至るまで全く違うと思いますが、基本「小学生は小学生」です。

    この頃の子供達は、いっぱい遊び、様々な物に触れ、時に怪我をしながら感受性を高めて行く時期です。
    また、日に日に身体も成長をして行き、身体を形成するためにも大切な時期です。

    お母さんは「たかが習い事、されど習い事」とおっしゃります、その通りです。では、いつまでに「結果」を求めておられますか?
    そして、その子が本当にダンスが上手くなるための「環境」を親として十分に与えられていますか?

    おそらくご自身では「与えています」とおっしゃると思います。

    これは、伊藤さんだけではなく、大半の親御さんがそうだと勘違いしているポイントでもあります。

    小学生という年齢で「やる気」なんて基本無いと考えておいた方が良いです。日々の生活で、他にも沢山楽しい事を見つけてきます。大人からすれば「それ??」って言う些細な事でも、子供達に取っては「とても楽しい事」だったりします。
    お母さんもそういう経験有るでしょ?

    ブログにも書きましたが「上手い子」なんて基本いませんよ(笑
    ただ存在するのは「上手くなる子」です。

    僕のレッスンにも、2人の男の子が入ってきました。2人は友達で、一緒に他のスクールにも通っています。片方は、他のスクールでみんなから「上手い」と言われ、ショーとかにもドンドン出させてもらっていました。もう1人の子は、全然だった子です(笑

    僕の目から見ると、この「上手い」という子は残念でした。そして評価をされていなかった子の方が、僕にとっては「おっ!」って感じる子でした。

    約1年後、これまで評価をされて居なかった子が、その別のスクールの親御さんの間で「○○くんうまくなったわね〜」と言われるようになったらしいです。
    現在もこの子は、僕のレッスンに通い続けていますが、「上手い」と言われていた子は、レッスンを辞めてしまいました。

    ポイントは、なぜこの子が「評価されていなかったのか」です。答えは簡単で、僕が教えたのは、ダンスではなく、ダンスを使って「基礎体力(筋力)」を鍛え上げただけなんですよ。
    しかも時間をかけて。

    筋力って言うのは、そう簡単に出来る物ではありません、地道にダンスに必要な筋肉を作って行くしか方法はありません。

    特に「成長期」である子供の身体は、その年でどれだけちゃんと身体を作ってあげられるかが、後々に大きな影響が出ます。

    次に「音楽にのれていないと先生に言われ」ですが、お母さんお父さんは「音楽」を聞く方ですか?
    また、普段から「家」や「車」など「生活の中」に音楽がありますか?

    レッスンの時だけや、思い立った時だけに音楽を聴いているのではないでしょうか?

    普段リラックスしている時など何でもない時にも、そこに音楽がさりげなく寄り添っている。そんな環境を作ってあげていますか?

    先にも書きましたが「感受性」を伸ばす大切な時期、子供にちゃんと「感性」の刺激を与えてあげていますか?
    例えば、月1回でも良いです、子供と一緒にキャンプや海水浴、美術館巡りでも良いでしょう、ライブハウスにライブを聴きに行くでも良いでしょう、何でも良いです、どこかに遊びに連れて行ってあげていますか?

    直接ダンスとは関係無いことですが、関係無いと勝手に決めつけないでください。こういう、一見「関係無い」事も結果としてダンスに大きな影響を与えてきます。

    まあ、昨今では先生自体がこういった「感受性」に乏しい方が多いのですが….。
    その結果、名ばかり「ダンスレッスン」が非常に多く、ダンスという名のビジネスの下に「運動」を教えているレッスンばかりです。

    まあ、それはそれで仕方のないことだと思って居ます。

    長くなりました。しかし、まだまだお伝えしたい言葉は山のようにありますが(笑

    伊藤さんが、愛知県周辺にお住まいであれば、一度僕のレッスンに顔を出されてはいかがでしょうか?
    もう少し突っ込んだお話も出来るでしょうし、お子さんも直接チェック出来ますので。
    また、遠方のようであれば、今年「ワークショップツアー(http://www.engin.jp/workshop2014)」を企画しておりますので、近くで開講する際に、お立ち寄りいただければと思います。

  3. kohinemama のコメント:

    初めまして!
    ずっと子供のダンスレッスンに
    ついて悩んでた母親です(ノ_<。)

    投稿ありがとうございます!

    ずっとずっと悩んで悩んで
    でもずっとその先生を信頼して
    一筋にレッスンさせて頂いてましたので→
    なかなかインストラクターのお立場の方に
    ご相談もできず…どうなんだろう?!
    そんなものなのかな?!?等と一人で
    悩んでましたのでご相談させて下さい?✨

    年長さん(5才)からダンスを始めて
    今年で小学5年生になる娘です。
    ずっと同じ先生に五年間ご指導して
    頂いております。

    が…昨年辺りから
    ご指導して頂いている先生に
    対して❓がつくようになりまして
    困っておりました(ToT)

    楽しくレッスンされるのは
    良いのですが…一生懸命練習
    してきた子供ではなく
    どちらかと言うと練習してきて
    なかった子供達をあからさまに
    可愛がられていたようでして…

    頑張って練習してきた娘や
    モチベーションが一緒なお友達には
    「ダンスが揃ってて気持ち悪い」
    等と頑張って一週間練習してきたのに
    そんな言葉を言われるばかりで…
    悲しい気持ちで帰宅する
    娘をどう納得させるか?
    悩む日々を過ごしておりました。。

    スクール自体が
    レベルでのクラス分けもなく
    練習してきてない子と
    ダンス習い始めて間がない子が
    入り交じるクラスなので
    仕方ないけど
    せめて
    チーム分けでもして頂ければ
    良かったのですが…
    何故か?それも理解して頂けず…
    モチベーションが違う5人を

    ◎ちゃんと自宅練習して
    出来るようになって毎週来る子(2人)
    ダンス→メチャクチャ好きです❗

    ◎何となく出来るかもくらいで
    レッスン歴だけ長くなってる子(3人)
    ダンス→本当に好きなんかなぁ?!?!

    チームだろ???
    チームだろ??と
    頑張って練習した方を怒られるんです…

    グループの輪を乱してる?
    調子に乗ってる?と…

    娘たちが調子に乗ってた覚えもなく
    態度も行動も→基本小さな頃から
    お金を出して習いに行っている
    と言う感覚よりは先生が必死に
    身に付けたスキルや教えを
    教えて頂いてるんだから
    一生懸命頑張らないと先生に対して
    失礼なのよと言ってレッスンに通わせて
    頂いておりましたので
    感じの悪い態度をとるタイプの子では
    なく逆に言い返したり出来ないので
    言われっぱなしで自宅で泣いたり
    落ち込んだりして親子で話し合うスタンス
    なんで…昨年からその回数が増え
    ドンドン先生が親としての立場からも
    理解出来なくなり頭を抱える日々で…

    チーム、チームと
    こだわられて
    「チームなんだから
    お互いをRESPECTしろ?」と
    言われたんですが…本当に悩んでました…

    「人としての良いところは沢山
    出てくるのにその子のダンスでRESPECT
    出来るところが見つけてあげられない(泣)」
    私も一緒に考えましたが何も言えませんで(泣)

    チームとしてと仰られる割には
    悩むだけ悩まされてご指導はないまま放置…

    同じモチベーションでない事は
    同じチームとして踊っていて本人達も
    分かりますし観ていても分かるまでになっても
    練習してる方に対しての攻撃ばかりで…

    昨年のクラブイベントに
    出させて頂く時に言われた言葉で
    「お前ら◯◯◯に合わせろ?」と
    レベルが低い子に合わせろ?と
    言われた事は→さすがの私でも理解に
    苦しみそんな事が本当にあり得るのか?!?!
    と一晩中検索してました(>__<)

    後→昨年のコンテスト本選の日

    駆け付けては下さいましたが…

    様子がおかしく

    場当たりや手続きは一切して頂けず…

    「僕→応援に来ただけなんで(笑)」
    とご自分が作られた作品なのに仰られ

    引率されることなく
    ビール呑まれてました…

    この頃から違和感が強くなりました…

  4. kohinemama のコメント:

    ただ純粋にダンスが大好きで
    ダンスが上手くなりたくて
    もっともっと色んなこと沢山教えて
    頂きたいだけなのに…本当に親子して
    悩みに悩みました

    基本的に小さな頃から
    運動神経がなく器用な子ではないので
    色んな事をさせるより→大好きな事を
    集中してやらせてあげようと思い一本で
    ひたすら頑張ってきました。

    レッスン中には出来なくても
    必ず次回までには出来るように❗を
    目標にインフルエンザで迷惑かけちゃうから
    行けなかった1回以外は一度も休む事なく
    ちゃんと形にしてレッスンに通いましたし
    イベントでもみんなに迷惑掛けないように
    体調管理をして親子で一生懸命誠心誠意→
    取り組んできましたが…

    あまりの先生の理不尽な対応に
    このままで良いのかと悩んでおりましたら

    今年に入り…

    「自分達で作品を作れ!」と

    仰られたんです…

    娘も私も愕然としました…

    先生が振り付けして下さる踊りを
    先生のニュアンスが出るレベルに
    見て分かるくらいチーム皆が達している
    なら分かるのですが→ただの
    作品を作りたくない拒絶ではなく
    別のスクールに先生の生徒さんたちが
    本当にスゴい完成度の高い
    娘の憧れの先輩方がいらっしゃいまして
    その位のレベルなら自分達で作品を作れ!は
    理解出来るんですが…

    練習はして来ない
    ダンスが好きなのかも分からない?

    ダンスの完成度がバラバラの
    5人に何が出来るのか?!?!

    私には理解出来ません…

    もう→そのレベルに全員達してる!
    と言われても意味か分かりませんし…
    作ることの拒絶より意図が分からなすぎて…

    しかも→ダンスバトルにも
    積極的にエントリーするように❗っと
    仰られる先生なので昨年はひたすら
    バトルのご指導はして下さらないので…
    自力でどうにか足掻いて勉強をして色んなダンサーの方の踊りを生で見たりYouTubeで見たりしながら→振りを頭で考えるんじゃなくて流れてくる音にどう自分らしく身体をのせる?!なのかなぁ?!?!と自分の中で掴もうと頑張ってた最中→急に振りを考えると言う頭に切り替えが出来なくて…頭を抱え…酷く辛そうに過ごしておりました(ノ_<。)まだまだ子供ではありますが子供なりに一生懸命向き合いましたが…
    それに対してレッスン中は放置でレッスン後に
    着替えられながらチラ見をされ全否定の一ヶ月を過ごしておりましたら…ある日のレッスンで
    先生が子供達に

    「自分達でやりたい!
    っ言ったんじゃん」と仰られ…

    耳を疑ってましたら

    もう一人の一緒に頑張ってきた
    お子さんのママが
    もう耐えられなかったみたいで

    「子供達がやりたい❗で始まりましたっけ?!
    先生がやるように!と仰られて始まりましたよね?!?!」となり

    今のダンスのレベルでは
    まだまだ難しいと今回ばかりは
    分からなくて基本的には物を申しませんが
    意見を言わせて頂きましたら
    今度は子供達にどうしたいのか?問われ

    練習してくる子供
    ◎先生に作って欲しかった
    練習して来ない子供
    ◎自分達で作くりたい

    と…意見が別れ

    ご指導される先生のご意見も
    「作らせたい!」だったので

    先生の方針に納得
    出来てなかったのは
    私達の方なので→ご迷惑を掛けてしまうし
    いつもダンス練習して来ない子供達だったけどせっかく「やりたい!」と言ってるので
    もしかしたら❗これをキッカケに変わるかもしれないから→大事なやる気を削ぎたくなかったので私達がダンス教室を辞めることにしました

    娘は昨年からお世話になってる先生の
    スクール2つとWS月1に通っているので
    これからもお世話になるし?と
    思っておりましたら…この決断そして
    この選択にご納得されていなかったようで…

    レッスン中→無視

    次のレッスンには
    私の知らない場所で

    スタジオの影の方に連れて行かれて

    「お前は途中で投げ出したじゃん?
    こっちでも投げ出すんか?!こっちのヤツは誰一人も投げ出したことないけ~聞いとくんじゃけど」と言われたようで…ビックリしました…

    投げ出したじゃん…のお言葉…
    ちゃんと辞めるときに
    本人を連れて先生にも皆さんにも
    ご挨拶を申したのに…

    「自分の口で挨拶してない」とも言われ…

    こっちに来たら来たで無視…

    それでも→大好きな先輩方といつか
    一緒に踊りたいから頑張る!と言う
    娘の気持ちは何度話しても
    伝わってなかったようで

    いつまで経っても届かず…

    辞めたスクールでは
    「遠くのスクールまで来て
    あの親子意味が分からない」と
    仰られているそうで…

    私達に選択肢は無いんでしょうか?

    ずっと前から娘が行きたがるので
    先生にご相談したら

    「僕のレッスンなんで→どこも一緒ですよ」と
    言われて納得してたんですが→昨年辺りから
    どうも周りとの成長率が違うのはなぜ⁉と
    思い→手当たり次第出れる先生のレッスンを
    受けたら全部状態が違ったんです(ToT)

    で→どう考えても→娘がずっと
    行きたがってたスクールのレッスン内容が
    あまりにも良く周りの踊っている子達のモチベーションも申し分なく遊びに来てるのではなくダンスを習いに来てるので→ちゃんとした
    ダンスのレッスンが出来る場所だと
    親子で納得して高速を使い片道で40分離れた場所ですが通うことを決めたのですが…
    ご指導して下さる先生の心がそれでは
    通わせる意味が無い気がして…
    直接先生とお話したら

    「一度投げ出したって僕が判断したんで
    投げ出したヤツとしかこれから
    先も見れません」と言われました…

    ダンスの世界ではそうだと…

    私は五年間お慕いした先生が
    一人ですので…本当にこの方が
    正しい方なのか分かりません…

    ダンスの世界はこんな方ばかりですか?!?!

    もう苦しくて苦しくて…

    是非→教えて頂けたらと思います(ToT)

    状況説明をうまく言葉に変換出来なくて
    読むのも理解するのも難しかったら
    本当に済みません(>_<)

  5. kohinemama のコメント:

    こちらを読ませて頂いて
    ダンサーの中のセンターは
    やはり→意味が無いのが
    分かり安心致しました(*^^*)

    皆さんにいつもセンターだねって
    言われても立ち位置のバランスだろうな
    としか親として思っていなかったのでf(^^;

    どこの立ち位置だろうと
    一生懸命頂いた立ち位置で踊るのは
    当たり前だと思っていたので。

    ほとんどと言っていい程
    私の周りではセンターかどうかばかりを
    気にされてる親子さんが多かったんで(^^;
    こちらを読ませて頂いて楽になりました❗

    ありがとうございますm(__)m

  6. ENGIN#9 のコメント:

    kohinemamaさん、コメント有り難う御座います!

    コメント読ませていただきましたよ。

    はい、まずは「深呼吸」しましょう(笑

    「現場」を見ていないため、正確な所は理解(判断)は出来ませんが、コメントから察し、大体の状況は想像ができますし、kohinemamaさんの言いたい事、先生の言わんとする所も、僕的にはある程度理解が出来ます。

    コメントを読み、まず一つ感じるのは、kohinemamaさんの子供のダンスに対する思い入れが強すぎる点と、先生の対応の仕方の問題ですかね。

    僕も多くの子供達を教えてきて、同じ様な状況を経験してきています。

    まず、大前提として理解をしておいていただきたい事。それは「本当のHIP-HOPダンスは習い事じゃない」と言う事です。
    HIP-HOPと言う文化の成り立ち、歴史をちゃんと理解して頂ければ、その意味は御理解頂けると思います。
    ただ、残念な事に「ここ日本」では、それが「習い事」になってしまっているという問題点。その狭間があり、僕自身、現在「日本において」ダンスから少し距離を置いています。
    僕がレッスンをしていた時(昨年8月まで)、基本として「コンテストやショーには出ない」「コンテストなどの情報が有れば流すけれど、出場するか否かは本人達で決める」「出場する場合、振り付けは基本自分達で作る(音源の制作は難し為、僕がサポートしていました)」等の、ルールをあらかじめ設けていました。

    コンテストやショーに出ないのは、出た事で達成感を覚え、そこで燃え尽きてしまう子が多い。実際はそこで自分の現状の立ち位置を認識し、そこから上に登らなくてはならないのに、勘違いをしてしまう子が多いから。
    コンテストに出るために、ショーに出るためにダンスのレッスンをやっているわけではない訳です。もちろんそこをコンセプトにしているスタジオさんやレッスンも多く有りますよ(今の日本では、それが大半でしょうが)。
    「出場は自分達で決める」のは、kohinemamaさんのコメントにあるように、「言った言わない」になる為、最初から僕は「押しません」と明言しています。それでも出たい場合、あくまでサポートはしますが、主体は全て本人達と言う事です。
    「振り付けは自分達で」というのは、普段のレッスンに通っていれば、振り付けぐらい作れるわけです。
    作れないのであれば、ではいつもなんの為にレッスンに通っているのか?レッスンで何を学んでいるのか?な訳です。
    多くの方が「先生依存」をしすぎていると感じます。

    学ぶという事は、日々の積み重ねで、それが血となり骨となり、身体に染みつくからこそ意味があるわけで、ただ先生の言うとおりにやっているだけでは「学び」になっていないわけです。

    「練習をしてくる子」「してこない子」という話しがありましたが、してくるから偉いや、してくるから良い子とは決して言えないんですよ。もちろん、必要であれば努力する事は大切ですよ。その努力は決して無駄にはならないと思って居ます。ただ、だから上手くなれるとは少し違うんですよ。

    ダンスは「自己表現」です。なんとかという「技が出来るから」「技が出来る様になったから」だから成長ではありません。
    技というのは、時間をかけて何度も繰り返し練習すれば「誰でも」出来る様になる物です。
    でも「ダンスを踊る」「自己表現をする」というのは、練習して成し得る物ではありません。
    たとえばの例ですが、道ばたに「タンポポの花」が咲いていると想像してみて下さい。
    ある子は、咲いている事にすら気が付かない子も居ます。また、そのタンポポを見て「カワイイ」と表現する子も居れば「綺麗」という子も居ます。
    また「あ〜〜春だね〜」と言う子も居るでしょう。
    最初の「気が付かない」はもう論外ですが、それ以外全てが正解なのです。同じ物を見て、どう感じるか、そhしてどう表現するのかそれは、「こう言いなさい」という物ではないですよね?

    ダンスもそれと同じなんですよ。

    こうした感覚を養うためには、いかに「習い事」とは正反対の「遊び」をしているかがとても重要になってきます。

    kohinemamaさんのコメントからは、当然ですが「自分のお子さんに非はない」とおっしゃっているのが伝わってきます。
    当然そうでしょう。ただ、お子さんはまだ自分の人生の進む道を「自分で選択する」力は持っていませんから。

    ご自分が、お子さんと同じ年齢だったときのことを思い出してみて下さい。その時、明確に「自分の人生設計」が出来ていましたか?

    まずは深呼吸しましょう。

    ダンス意外にも沢山楽しい事があります。子供さんには、沢山の選択肢が有る事を教えてあげるのも大切な事です。その中から「ダンス」を選ぶのであればそれはそれで良い事だとは思いますが、他の事を知らずして「ダンス」しか目に入っていなければ、選択も出来ない訳です。
    逆に言うと、他の事を知ることで、よりダンスが好きになったり、ダンスが上手くなったりすることもあるんですよ。

  7. kohinemama のコメント:

    深呼吸!
    ありがとうございます!

    お心のあるコメント
    読ませて頂きました。

    もっと私がリラックスしなくては
    ならないんですね…問題は先生でなく
    私にあったとは…一生懸命誠心誠意してる
    つもりになっていた事が恥ずかしいです…

    道端に咲いてる花を
    学校帰りにママに♪と摘んで
    帰ってきてくれる

    そこを大事に育てることの方が

    ダンスの練習を必ず沢山して
    ちゃんとレッスンをこなす事より
    大事なことなんですね!!

    全てが責任感
    だとばかり思ってました…

    ちゃんと出来るようになって
    レッスンに行かないと周りのお友達にも
    先生にもご迷惑をお掛けしてしまうからと…
    親として出来るようにサポートしなくては!
    と思いすぎていました…

    練習しなくても良いですね(^^)d

    練習して練習して先生の振りが
    身体にしっかり入ったら
    楽しくおどれて→更に自分らしさが
    踊りに出てくれば楽しくなるかなぁ?
    それを積み重ねて出来るようになっいけば
    大人になる頃には自分らしく踊れて
    楽しいかなぁ✨と思っていたんですがf(^^;

    そもそもの考えが違うのが
    分かりました…

    やはりHIPHOPは
    難しい分野なんですね(ノ_<。)

    精神論を教えて下さっても
    調べてもイマイチ
    分かってないかもですf(^^;

    やればやるほど奥が深く
    見れば見るほど沢山の方々の
    表現法方を感じ
    知れば知るほど更に分からなくなって…

    ありがとうございましたm(__)m

    先生のお立場の方の
    お考えが分かりました。

  8. ENGIN#9 のコメント:

    僕の考え方が「全ての先生」の考え方だとは思わないで下さいね(笑
    どちらかというと、僕のような考え方はまだまだ日本では「少数派」ですから。

    僕も小学生にレッスンを教えていましたが、基本「小学生には教えない」という立場を取ってきました。それでも「どうか教えてください」という要望も多く、「小学3年生以上」という限定を付けてレッスンをしていました。

    ではなぜ「小学生には教えないのか」。
    それは、「小学生には小学生の時にしかできないこと(学ばなければならないこと)が多く有る」からです。学ぶと言うよりも「感じる」ですかね。

    その時に養った感覚(感情)は大人になってからとても大切になります。

    それこそが「個性」を伸ばす、とても大切な物です。

    ですから、僕の生徒の親御さんには、休日などは、一緒に海に行ったり、山に行ったり、時には美術館や、動物園など、とにかく色んな刺激を与えてあげてください。とお願いをしていました。

    ダンスのレッスンなんて、中学生、もしくは高校生になってからで十分ですし、「本当に自分で、ダンスをやりたい」と思わなければ、どれだけ周りの大人が教えた所「本当の意味」での成長はしません。

    そして僕は「俺の真似はするな」と常々伝えてきました。
    レッスンは、僕の「コピー」を作る場所ではないからです。なので、常に「基本」を教え「白い状態」の子達に成長するように心がけていました。

    その「白い紙」に何色で色を置いて行くのか、それこそ、本人の自由な選択なのですから。

    ただ、残念ですが、今の多くのレッスンは「先生=全て」と勘違いしている方が多い。

    先生も「ビジネス」ですから、自分から生徒が逃げないように、縛り付ける方が多いと感じて居ます。

    kohinemamaさんは「音楽」は好きですか?

    ダンスは「音楽」がないと踊れません。逆に言うと、その音楽を「体現」するのがダンスです。子供に「もっと上手く踊りなさい」「音がずれてる」等々言う大人を多く見かけますが、その9割の方が、ご自身が音楽に興味なかったりな訳ですよ。
    それって子供は可愛そうですよね。
    だって、説得力無いんですもの。

    どうか、沢山「良い音楽」を聞かせてあげて下さい。
    HIP-HOPを踊るのだから、HIP-HOPだけではなく、FUNK、SOUL、JAZZ、HOUSE様々なジャンルの様々な音楽をです。

    その思いは
    http://www.engin.jp/blog/?p=6047
    ここに書いてありますので。

  9. kohinemama のコメント:

    本当に素敵なお考えを
    お持ちの先生でいらしたんですね

    お会いしたかったです…

    私自身音楽が大好きで
    演歌以外は昔から基本的に
    どんなジャンルでも心が動く音楽は
    聴いてきました。
    特にダンス甲子園大好きだったんで
    New jack swingは聴いてて上がります(///∇///)

    5年間お世話になった先生も
    Newjackswingが大好きな方で
    オススメのアプリや曲や動画やアーティスト等を教えて頂き親子で楽しんでました(^^)(^^)

    バトルに出るにも
    なかなか踏ん切りが付かない娘を見て
    やっぱり→いくらレッスンの練習を積み重ねても自分に自信が持てないと嘆くので色々とネットで調べてダンスの幅を広げるため違うジャンルを習うと言う方が多かったので
    ずっと習ってる先生に失礼でないか❓
    心配でしたがアイソレがいくら
    自主練習しても伸び悩んでいたので
    娘がイベントで拝見してから
    ずっとファンだった方のレッスンを調べて
    POPを習うことにしました。
    習い始めはどうなる事かと心配でしたが
    今ではアイソレの感覚が習う前より遥かに
    良くなり→POPのスキルを
    1つ1つ学べる事を喜んでます(*^^*)

    年長さんの初めての発表会で見させて頂いた
    Houseのステージに感動して→小2で念願叶って実際にHouseの作品で踊らせて頂いて更に大好きになりました(^^)が→それからは習っている場所では大きなスクールではないのでHouseを習える環境でないので踊る機会がなくなり…YouTubeの動画を見ながらステップの自主練習してます。いつか→必ず踊る!と言ってます(^-^) 今まで考えてもなかったLOCKやWAACKにも前向きに興味が湧いたようで好きなダンサーさん見つけて「カッコいい~?✨」って言ってます。

    色んなバトルやコンテストを
    拝見して色んなジャンルがあることを
    親子で知り→耳は勿論目も育て心で感じ
    先生のレッスン以外でも表現力を養って

    ただ先生の振付を踊っているではなく

    自分の踊りが出来るように!を
    目標にまずは頑張る!!のスタイルでしたが

    それも違うと分かりましたので…
    また模索しようと思います…

    私がサポートするのは
    小学校を卒業するまで!と
    昔から決めて取り組んできたので
    力が入りすぎたんでしょうね…

    私がやらせているのなら
    子供が本当に可愛そうなんで…
    このタイミングでダンスを辞めるのも
    選択肢としてある気がしました。

    色々な的確なアドバイス
    ありがとうございました???✨

    インストラクターの方は問題なく
    私がダメなモンペでした??

  10. ENGIN#9 のコメント:

    kohinemama さん。
    まずは、お母さんが「深呼吸」です(笑

    そうですね、「辞める」と言うより「一時離れる」が正解でしょうか。
    本当に、お子さんが欲すれば、自分から「ダンス」を踊ると思いますよ。

    「辞めさせる」ではなく、選択の幅(余地)を持たせてあげると言うことです。

    それらの環境を与えてあげられるのは、親御さんでしかありませんからね。

  11. kohinemama のコメント:

    ありがとうございました??

  12. カマカマアース のコメント:

    はじめまして。遅くにすみません。
    子供のダンスに悩んでます。
    1度長文を書きましたが、訳わからなくなってきたので、短くしなおしました(笑)

    悩んでます。
    小学生3 女子。
    本人がダンスに戻りたいと強く訴えたので戻しました。
    1年近く辞めていました。
    踊りが、地味。表現力が無い。身体を大きく使えない。
    どんなけ指摘しても直らない。
    イベントを録画したダンスを見せていかに周りと違うかを教えてもその場は本当や!
    と言って終わり。
    その対応に腹が立って罵倒してしまう。
    大会に出る必要ないらー!と言っても出たいと言う。
    レッスン日以外ほぼ練習しない。
    クランプのレッスンは好きらしい。
    けど、やっぱり動きが小さく、足が全く曲がってない。腕も曲げるとこ大きくするところなど、小さい。
    元々喜怒哀楽を表に出さないタイプです。
    もっと音楽を感じて踊って欲しい。
    ただただ振付を覚えて踊るのじゃなくって、音楽から踊って欲しい。
    ダンスから楽しんで踊ってます感がゼロ。やらされてます感。だるそー感。
    大会で、入賞したいと言います。絶対決勝には残りたいとも。。。
    本人が望むならそうなれるようにしてあげたい。
    けどどう直して、あげたらいいのか全くわかりません。
    ダンスが楽しいのかもわからない。

    幼稚園年長息子
    彼も姉と一緒で、1年レッスンから離れ戻りました。
    彼は、娘と逆です。
    本番は好きだけどレッスンがあまり好きではない。
    振付の覚えるスピードが遅いから置いてかれる。年齢が年齢だけど、息子より下の年齢の子が覚えてしまっていくので、やっぱり置いてかれる。
    ダンスは好き。中でも今はクランプが好き。
    息子についてはあまり悩んでません。

    娘は、やっぱり私の思いが強すぎるのでしょうか?
    自分では息子の方が可能性が秘めていると感じています。
    やっぱり何が言いたいのかわからなくなってきました(笑)

    娘も私もどう直して行けばいいのかわかりません。
    もうマジでわかりません。
    むしろ直接見てレッスンして欲しい。
    けどもうレッスンは辞めているとブログに書いてあったので残念です。

  13. ENGIN#9 のコメント:

    カマカマアースさん。メッセージありがとう御座います。

    えっと、ストレートに言いますと「なにも悩む必要はないんでは?」。

    まず「子供は嘘つき」です(笑
    多少言葉に語弊がありますがお許しください。

    「入賞したい」「レッスンが好き」自分で本当にそう思っていない、そう願っていなくても、子供はそう言います。
    仮に、本当にそう思っていたとしても、それが直ぐに結果に繋がる事は非常に難しいでしょう。

    多くのキッズダンサーが色々な大会で「優勝」とか「入賞」とかしていますが、その彼らが、カマカマアースさんがおっしゃるような「音を感じて」踊っているとは到底思ってません。
    同じ振り付けを、何度も何度も、長い間練習すれば、そらあ、嫌でも上手くなります。

    子供に「音楽を感じろ」と言っても無理です。「身体のコントロールを」といっても無理です。
    なぜだか判りますか?
    音を感じるや、自分の身体をちゃんとコントロールするという術を持ち合わせていないからです。

    巷のダンスレッスンでは、「振り」を教えるのがレッスンだと思って居るインストラクターが多数で、また、それを求める「親御」さんが大半です、そんなレッスンを受けていても、当然「感じる」と言う事を養うレッスンは不可能で、その場をやり過ごすために「振り付け」のレッスンを行っている所が大半でしょう。

    直接踊りを見れれば、何かアドバイスは出来るでしょうが、おっしゃる通り、現在僕はレッスンを持っていません。
    それは、先に述べたように「振り」を求める方が多く、僕のレッスンは、地味な上に派手さが無いため、不人気なんですよ。

    でも、実はとても大切な事を教えていたんですがね(笑
    僕のレッスンを受けても、直ぐには変わりませんよ。
    最低でも1〜2年はかかります。それくらい時間をかけないと変わらないし、結果は出て来ません。

    実際、過去に教えていた生徒で、その当時、高校生だったかな?の子が、今20歳を超え、今になって「あの時先生が言っていた意味がようやく理解出来、その大切さが身に染みて理解出来る。でも、それが出来ない自分が今居るんです」と言っていました。

    カマカマアースさんは愛知県にお住まいですか?
    チャンスが有れば、拝見出来るかもですよ。

  14. カマカマアース のコメント:

    お返事ありがとうございます。
    やはりそうかぁー(笑)
    子供はウソをつくもの。
    頭ではわかってはいるけれど、心が中々(笑)
    あなたの好きな様にしなさい。と言いながら、
    そう願うのであれば、そうしてあげたいと思ってしまいます。
    どうしても感情的になって力が入ってしまうのですね。
    それが、子供ながら母を喜ばせてあげたいから出る言葉。
    ウソだろーと思いながらも信じたい!と思ってしまいます。

    ダンスに戻ったきっかけは、音楽に触れると2人とも家だろーと店だろーと踊ります。それでいいと思ってました。でも、戻りたい。学びたいと娘は訴えるので、内心は、友達がいるからでしょーと思いながらも楽しく踊れるのであればと。

    音を感じるや身体をコントロールする術は、
    周りの環境やその術を教えて下さる人が居ないと無理なのでしょうか?
    やるならそーゆうダンスを踊りを身に付けて欲しかったです。
    残念です。
    けど、これから先、自分の意志で、踊りを上手になりたいと思ったりして、先生の様な方と巡り会えたら嬉しいです。

    文章能力が低いので、伝えたい事が伝わったかわかりませんが、
    ずーとずーとあったモヤモヤ感が晴れました‼︎
    ありがとうございます‼︎

    うちは、岐阜県の田舎で暮らしております。
    チャンスあるでしょうか?
    中々ノーチャンスに近いかなぁ(笑)

  15. ENGIN#9 のコメント:

    カマカマアースさん、おはよう御座います。

    親御さんであれば「子供の言葉を信じたい」「信じよう」と思われるのは当然の事で、極普通の事です。
    なので、僕の表現した「嘘をつく」というのは少し表現に語弊があるかもです。

    ただ、カマカマアースさんがおっしゃる通り、子供は「嘘」を付いているつもりはなく「安心させたい」であったり「親御さんにとって良い子で居たい」と思っての行動(発言)もごく自然な事ではないでしょうか?

    なので「嘘をついて!!!」と怒る必要も全くありません(笑

    大切なのは「本当に自分の意志で行動を起こすのを待つ」と言う事と、親として「それまでに可能な限り様々な刺激(経験)を提供してあげる」と言う事ではないでしょうか。

    「自分の意志で行動」を起こすまでには、時間がかかります。
    ご自身が小学3年生だった頃を振り返ってみて下さい。

    その当時「今」と同じ「思考」で「行動」を出来ていましたか?
    答えは「No」ですよね。 「今」があるのは、「今」に至までの長い年月をかけて様々な経験をし、それを蓄積してきたからです。

    それと同等の物を「小学3年生」に求めるのは不可能です。

    「伝えたい事」は伝わっていますよ!
    同じ悩みは、他の多くの親御さんも同じ様にお持ちで、色々な言葉(悩み)を聞いてきていますから。(笑

    岐阜の田舎ですか。
    以前(5年ほど前?)に、岐阜市内で一時レッスンを持って居ました。

    最近では、固定のレッスンはないですが、必要に応じてワークショップなどの形でレッスンを行う事もあります。
    https://www.facebook.com/Engin9-Workshop-Tour-1394889284113925/

    僕は現在「尾張旭市」に在住をしています。
    近々「豊田」にてワークショップを行う予定があります。
    そういう機会に参加されるか、お住まいの地区で周囲の方々(ダンスをやって居られる方々)に声をかけてワークショップを企画していただければ、お伺いする事も現実的に可能ですよ。

  16. カマカマアース のコメント:

    とってもいいアドバイスありがとうございます。
    自分の感情は原点に戻したいと思います。
    習わせているとどうしても親の欲が出てきてしまって。
    抑える事が出来なくなったりします。

    好きで踊るダンス。楽しく踊れるダンスを私の感情、欲で潰してしまうところでした。
    娘は娘なりの、息子は息子なりの今のダンスを受け止めて、今以上に釣りや川や山や自転車にスケボーなど好きな時間を増やしてあげたいと思います(*^^*)

    本当にこのブログに出逢えたことを感謝しています‼︎

    私は中津川市の人間です。
    ご縁がありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です