糞ドライバーにマジむかついた!

言葉悪くて失礼….。

が、しかしマジむかついた。

今日、機材を搬入するために、バモ号でスタジオに向かっていた時のことだ。

想像してください。

片側1車線の双方向の普通にどこでもある道路。そこにある信号機の付いた交差点。

交差する道路は片側2車線の少し広めの道路。その為、交差点には「右折レーン」が設けられている。

その為、オイラの進行的には、交差点直前で、歩道寄りに「直進・左折」のレーンと、センターライン寄りに「右折レーン」の2車線になる。

どこにでもある交差点だよね。

もしあなたが、右折をしようと思っていたら、当然センターライン寄りに「右折レーン」に進入して行く。

直進もしくは左折しようと思っていたなら、左側のレーンに寄って行く。

極々普通の「運転者」としての行動パターンだ。

俺は、この交差点を直進する為、当然、左側によって走行する。そして、前を走る「高齢者マーク」を付けた1台の車、交差点に近付くまではなぜか左寄りに走行していた。

まあ、そういうドライバーも居るさ。で、その車が、交差点手前で右に寄り始め「右折レーン」に向かっていった。

当然、この状況では、俺の前にスペースが空く。前の車は右折、俺は直進なんだからね。

既に右折レーンには何台かの右折車両が停車し、右折を待っている。俺は前の車が右に寄り、前方が空いたのでそのままその車の左側に進入していったわけさ。

と!いきなりだよ。何を血迷ったのか、いきなり左車線に進路変更してきやがったのさ。

俺は当然慌ててブレーキ。交差点直前だったのスピードも出ている状況ではない(前の車がとろかったのもあり)為、接触をすることは避けられたが、一つ間違えば事故だよ。

もちろんウィンカーも出さず、いきなりハンドル切って来やがった。

運転してるのは「オバハン」高齢者マークだから「おばあ」だよね。高齢者だろうが何だろうが「道路交通法」って言う物があり、それを自分勝手な運転をして良い訳がないだろう。

その上だ、少し進んだ先の次の信号で、赤信号で停車。と、サイドミラー越しに、助手席の「じじい」がこっちをにらみつけてやがる始末….。

これには流石にブチ切れそうになった。

自分の乗った車の取った行動を棚に上げて、こっちをにらんでるってどういう事だよ。

いやマジでね、降りて行ってやろうかと思ったわさ。

ただ、機材搬入の予定時間を少し越えていて、イグDを待たしていたので、とりあえず先を急ぐことを選択。

最近、こういう「高齢ドライバー」多い。自分で自損事故なら構わないが、周りを巻き込むなって。

そして、その挙げ句に「へらへら」笑ってるのってマジむかつく。

ポリもさあ、コソコソと「一旦停止」とか張ってる暇あるんだったら、こういう判断能力の鈍った高齢ドライバーの「危険運転」をしっかり取り締まれよ。

迷惑で仕方がない。その上、事故とか怪我とかの巻き添えになったら笑い話にもならんよ。

カテゴリー: 日々雑多な日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください