「ENGIN#9 ワークショップツアー2014」第2弾「in 京都 with HOPE DANCE CIRCLE」無事終了!

今年2月に秋田県からスタートをした「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014 (http://www.engin.jp/workshop2014)」の第2弾となる「京都」でのワークショップを、昨日(3月16日)に無事終了しました〜〜〜!

今回は、その「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014 in 京都」の御報告ブログです(笑

 

秋田は、移動距離並びに気候等々の諸事情で「飛行機」移動となったのですが、今回の京都は、本来、このワークショップツアーでの「目玉!(笑」でもある「バモキャン」ツアーを決行してきました!

「バモキャンって?」と言う方(笑

これです。

IMG_2619

 

ホンダのバモス。こいつをキャンピングカーとして、各地に赴き、ワークショップを開催する訳です。

最近「軽キャン」とかが、後部の広いカーゴスペースを活用して、微妙に盛り上がりを見せている模様、家のバモスはまだ何も手を入れてはおらず「ど・ノーマル」状態ではあるのだが、後部座席を収納し、フルフラットにすれば、そこには立派な居住スペースが広がります。

現在DIYにてキャンパー仕様へのテコ入れを計画はしているのだが、なかなか時間が取れずに着手出来ずとなっており、本当はこの京都までには間に合わせたかったのだが断念。

「バモキャン」には、利点と難点があるのだが、大きなポイントの一つとして「宿泊費」がかからないという点、基本キャンプ好きなおいらとしては、バモスの中でのキャンプ(寝袋仕様)は苦痛どころ願ったり叶ったりでもあったりする。

愛知から約2時間強の距離である京都。午前10時過ぎに出発をし、いざ京都へ!!

今回は、諸事情有って、家のワンズ達を、丁度「道中」の「弥冨」にあるドッグラン「ティンカーベル弥冨」さんに、1泊でお泊まりをお願いし、まずは京都に行く道中にドロップ。

家のワンズ達は、元々このティンカーベルさんから保護犬として引き取った子達。普段からドッグランも利用しているので、スタッフの方々はじめ、犬達もここの環境には慣れているので犬達も安心して過ごせる。

それにここ最近、あまり他の犬達とのふれあいも少ないし、思いっきり走り回る環境もないので、ワンズにとっては逆に好都合だったかも(笑

犬達を降ろし、新名神を抜けて出発から約3時間弱で京都は「北大路」に到着!

今回のワークショップの会場は、京都駅の直ぐ南なのだが、去年11月に京都でのワークショップを行った際に1日付き添いをしてくれたヨウ君と合流するために「北大路」へやってきた。

でもなぜそんな「北の方」で合流したか。なぜなら、そこには「食」があったから(爆

そう、ヨウ君オススメの「トンカツ屋」があるという事だったので「北大路」待ち合わせにしたのだ。

今回は、ヨウ君ともう1人、ダブルダッチの世界大会出場経験を持つスエ君も同行!男3人で、まずはトンカツ屋で昼飯を喰らう!

IMG_2634 IMG_2636 IMG_2635

 

向かったのは左京区一乗寺にある「とん吉 (http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260303/26002640/)」。

ぶっちゃけ「トンカツ」に関しては「極普通」なのだが、意外にも、定食で一緒に付いてきた「豚汁」が大ヒット!

この豚汁、激やば!久しぶりに意図しないところで感動レベルに出会った。

この「豚汁」を食べるために、トンカツを食いに行く価値ある一品です!

まずは腹ごしらえを終え、とりあえず、会場周辺に移動。

今回の会場が、京都駅八条口から徒歩5分ほどの所にある「Studio Rire (http://www.studio-rire.com)」さん。ここのスタジオをお貸しいただいての開催となりました。

会場周辺には駐車場も多く、京都駅直ぐだというのに大体1日¥1,200打ち止めとかなり激安。

その中でも特に安かった昼間¥900夜間¥300打ち止めの駐車場に車を止め、とは言ってもスタートまで1時間ほどしかないため、バモスを移動仕様(座席バージョン)からキャンプ仕様にセッティングし直し、車内でスエ君とマッタリと座談会を開催(笑

そうこうするうちに、16時前になったので会場入り。

会場は広〜〜〜〜〜い、綺麗〜〜〜〜!!

IMG_2638

 

今回、関西圏のダブルダッチをやっている大学生約30名が一度に受講する為、主催であるHOPE君がこの会場をチョイス!

いや〜〜素晴らしいスタジオでした!

今回のワークショップ in 京都は、俺の後輩でもあり、京都を中心にダブルダッチサークル・ダンスサークルを行っている「HOPE DANCE CIRCLE (http://yaplog.jp/hopedance/)」が、企画並びにとりまとめを行ってくれた。

当日の16日は、折角なのでということで「スペシャル・イベント・デイ」として、1日をかけて様々な企画が時間をおって開催された。

まず、正午をはさんで、京都を代表するダンスグループ「Body Carnival」のノッチ君がワークショップを開催、その後、場所をRireに移し、スノーボードブランド「nomis」さん協賛の下「special performance event」を開催。

IMG_2640 1497651_664396660262483_447224879_n 1977312_664395846929231_1714101069_n

1週間後に控えたダブルダッチの大会直前に各チームの仕上がりをチェックし、我々ジャッジ5名でその仕上がりに対してアドバイスを行う。

IMG_2639

そしてその後、いよいよ俺の3時間のワークショップが開催された。

スペシャルパフォーマンスの後「俺は一切コメントを出さない」と宣言。その代わり、ワークショップの中で俺の評価をみんなに体現、そして修正、アドバイスを行う!

そしてスタートしたワークショップ。

パフォーマンスを見て、何をどう修正し、どう伝えようか、かなり悩みながらレッスンを進めて行く。

俺のワークショップは「ありきたり」の物ではなく、その瞬間、目の前にいる生徒達を見て感じながら、その内容を構成して行き、常に状況をアップデートしながら、レッスン内容を進化させて行く。

正に「ライブ」なんだよね。

だから、俺自身も終わってみないとわかんないんだよ(笑

困惑の表情から始まった「リズム取り」の1時間。今更ながら「なぜリズム取り??」とクエスチョンだらけで顔が強ばっていたみんな(笑

俺の言う「リズム取り」は普通じゃないからね(爆

求めていることの答えは教えない、ただひたすら踊らせながら、必要な時に、必要なアドバイスを小出しに打ち込んで行く。感の良い子は「何かを求められている」というのは察知するも、それが一体何なのか….。悩みまくるのさ。

そんな過酷な「リズム取り」からスタートしたワークショップ。

そして突っ走った3時間、叫び続けた3時間、落とし続けた3時間、追い込み続けた3時間が終了。

みんな汗だく、俺も汗だく、そして終わった後のみんなの安堵感と、笑顔は最高でした!

今回、3時間の中に、もの凄く沢山の「大切な事」を詰め込んだ内容。「今」の大学生達に「足りない物」をギュウギュウに詰め込んだ。

やっている事(表面上見れば)は、そんなに難しい事はやっていない、その「簡単なこと」が出来ないんだよな〜。

おそらく、この3時間で伝えようとしたことの半分理解出来た子は殆ど居ないだろうな〜。

でもね、この先、ジワジワとやってくるんだよ。ジワジワと(笑

一つ一つの「動き」、俺が吐いた一つ一つの「言葉」、それらを噛みしめ、今の自分達に照らし合わせて行くと、必ず答えを解く鍵が見えてくる。

俺のワークショップは、そういう内容でレッスンをやります。

だから、絶対に「直ぐ」には変われません。っていうか、New York時代から数えて、20数年、生徒と向き合い、ダンスを教え続けて来た俺だからハッキリ言える。「直ぐに変われるレッスンなんてあり得ない」。

2時間や3時間、6時間教えたところで「変われる」なら、今頃日本中「凄いダンサー」ばっかりだよ(爆

俺は、この限られた時間の中で、その何十倍にも変化出来る「要素」をうえこんで行っている。だからこそ、噛みしめれば噛みしめるほどドンドン成長出来る。

ノッチ君も俺のレッスンを見ていて、内容の濃さ、体力にビックリしていたもんね。そして、「よく3時間も叫び続けられるね」って(爆

そして、ワークショップの後はお楽しみの「打ち上げ!」

今回は「サムギョプサル専門店 ベジテジや深草本店 (http://tabelog.com/kyoto/A2606/A260601/26003021/)」

IMG_2643 IMG_2644

 

学生達にHOPEが声をかけたのだが、残念ながら学生からの参加者は1名のみ。

本当は、こっちの「内容」の方が「より」濃かったりもするのにね(笑

ボディーカーニバルのノッチ君とは今回初めて会ったのだが、めちゃめちゃ気が合い、めちゃめちゃ盛り上がった!

今回、ワークショップを企画し取り仕切りをしてくれたHOPE君、ヨウ君にビッグリスペクト!

開催に当たり、協賛及び協力していただいた「nomis」さん「Studio Rire」さんに感謝!

今回お初ではあったけれど、色々話を出来、交流が持てたノッチ君、スエ君にも感謝!!!

そして、何よりも、レッスンを受けてくれた大学生のみんな!ありがとう!!

IMG_2641

昨日伝えたことを胸に、まだまだどころか、変われるところは山のようにある!急ぐ必要はない、一つ一つを噛みしめ、自分自身の「確実な変化」を楽しんでくれ!

今回の「ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014 in 京都」の御報告は、これにて終了〜〜〜!

カテゴリー: ENGIN#9 WORKSHOP TOUR 2014, ダンス, 日々雑多な日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください