「WORTH SIDE GANG DANCE COMPLEX」

昨年暮れに、突発的に立ち上げることになったクリエイティブ集団「WORTH SIDE GANG」。

ジャンルにこだわる事無く「こだわり(本気)のクリエイティブ」を目指す。ただその1点だけのクリエイターズ集団。

なぜか周囲からは「勝ち組」と思われている俺。その現実とのギャップに気持ち的にめいることもあるのだが、この「勝ち」を逆手に訳し「価値(勝ち)組」という言葉を命名していただき、そっか!そう解釈すれば良いんだと(笑

「WORTH」は「価値」を意味する単語。価値がが有る側にいる人間という意味で「WORTH SIDE」。GANGは「仲間」「一族」「集団」という意味がある為、響き的にもそそられたため、「WORTH SIDE GANG」と命名をした。

当初は「デザイン」全般の「クリエイティブ」がイメージだったのだが、今年は、その幅を広げて行ければと思って居る。

ただ、誰でもOKという訳では無く、年齢や性別、国籍、経験などは一切問わないけれど、その本人が持って居る「クリエイティビティー(こだわり・本気度)」が要となり、昨今多い「受け身」ではなく、「攻め」が出来る事が要求される。

「誰かが何かをやってくれる」ではなく「こんな事やりたいんだけど。」「もっとこうした方が良くないか」と本気で語りあえ、ぶつかり合えるそんなクリエイティビティーが要求される。

2015年がスタートしたことを受け、ここ数年、自分の中で悶々としたいた物を一つ、この「WORTH SIDE GANG」の下で解放出来ればと。

それは、俺の本来のテリトリーである「ダンス」で。

ここ数年、細々とレッスンを教えるにとどまっている「ダンス」。もちろん後身の育成をしたいという思いはあるのだが、こちらの思いと、受け手の思いがなかなか一致しないというジレンマがある。

もちろんレッスンではとても大切な物を毎回伝えている。
しかし、その本当の奥深くにある意味というのはなかなか伝わらないのさ、時にとて見た目にはとても簡単な振りしかやらないのだが、実はそれが、とても奥深く、そしてそれがとても難しいと言う事を理解出来る子は殆ど居ないのが実状…(涙

それでも、いつの日かそれに気が付く日が来ると信じて教え続けてはいるが、まあ、それに気が付くには、数年、十数年という時間が必要になるかも知れない。

そんな事に色々と思いを巡らせていて、自分の中で一つの糸が切れた(笑

今年は「自分の追い求める本気のパフォーマンス(表現)がやりたい」。
やっぱね、ここ数年「封印」している物が、もうジッとしていられないんだろうね(笑

ただ、それを実行に移すためには、いくつかの壁をクリヤーしなければならない。

まずこの壁が一番の「要」になるのが「一緒に踊れる人間」の存在だ。
残念な事に、今俺の周囲(知る限り)には、思い当たる人間が存在していない。

誰か一緒に本気のパフォーマンス(表現)やらない?

「WORTH SIDE GANG DANCE COMPLEX」
現在他のチームに所属していようが何でも構わない、一つの表現を求めて、熱く集い、熱く思いを巡らせ合い、そして、熱く踊れる奴。

最低週1回、ガッツリと踊り会え(練習出来る)、じっくりとパフォーマンスを作り上げて行けるダンサー。

集まった人数にもよるが、最低15分以上のパフォーマンス、個々のジャンルは一切問わない。

誰か一緒にやってみたい奴居ないかい?

カテゴリー: ダンス, 日々雑多な日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です