一つの区切りかな。

なんだか「重そう」なタイトルですが(爆)、おそらく内容は決してそんな事はありません(笑

今日、約3年半の間、尾張旭市のダンススタジオBrave Courageさんで受け持ってきたレギュラーのダンスレッスンが閉講となった。

このレッスンを受けるメンバーは、年齢差が激しいにもかかわらず(笑)、本当にみんな仲が良く、とても楽しいレッスンだった。

それ故に、とても残念だし、やはり寂しいよね….。

でも、まあ、仕方が無い。

 

今回「閉講」を決めたのは、様々な思いや、理由が有っての事。

スタジオの館長とも話しあい、今回閉講はしたけれど、時が来て、開講出来るのであれば、俺も館長も再開したいという思いは同じ。

New York時代、右も左もわからず、英語もまともに喋れない、そんな俺が「渡航半年」で、初めてダンスレッスンを受け持った。しかも、英語で(爆

それから、そのスタジオで何年だ?3年?4年?レッスンを続け、その後、マンハッタンにあったボロボロのダンススタジオでレッスンをやっていた。

トータルで10年近く教えた居たと思う。

日本人が多かったが、黒人、白人、メキシカン、プエルトリコ…ホント人種も様々、色んな生徒が居たな〜。

帰国後、実家のある舞鶴で、半年ほどレッスンをやり、愛知に移り住んで、長久手でのレッスンから始まり、尾張旭のスタジオで教え始め、途中、一時期「岐阜」でもレッスンをやっていた。

思えば長い間、ダンスを教えてきた、俺も年取るわけだ(笑)、でも、生徒数ってどれ位になるンだろう??

1回だけの生徒も居れば、続けて受講している生徒も居たが、おそらくトータルで1000人くらいになるンだろうか?

正直「全て」の生徒の顔を覚えているわけではない、っていうか不可能(笑

でも、みんな今どうしてるんだろうか?

未だに交流がある生徒ももちろん居る、中にはTVのプロデューサーやっている奴も居れば、とあるライブハウスの支配人や、ホント様々(笑

でもね、今ダンスを続けていなくても、その人間の「人生」の一部に絡む事が出来、そして未だにその関係が続いているというのはホント有り難い。

直接俺のレッスンを受けた事がなくとも、俺と直接顔を合わせた事がなくとも、俺のそういう活動を知っていたり、そこから刺激を受けたという人間が居る事を、噂で聞いたりすると、やっていて(続けていて)良かったな〜と思う。

もちろん、今回の「閉講」で俺がダンスを辞めたわけでは決してないし、これからも俺はダンサーとして生きて行く。

俺にとってダンスは「俺そのもの」であり「俺の人生」だからね、俺がダンスを辞める時、それは「俺が死ぬ時」だから。

これからも、チャンスがあればいつでもレッスンをやるし、伝えるべき物は沢山ある。

そう、俺にとってダンスってビジネスである以上に「伝えなければならない物」なんだよね。

俺のレッスンを離れ数年経ち、そして初めて、俺がやっていた本当にやっていたレッスンの意味に気付く生徒も居る。

それで良いんだよ。それで。

俺のレッスンって「即効性」は全く無いから(爆

でも確実に、その重要性。レッスン中に発した言葉で俺が何を伝えようとしていたのかはジワジワと効いてくる。

それは「ダンス」であり、同時に「生き方」でも有るって事をね。

カテゴリー: ダンス, 日々雑多な日常 パーマリンク

一つの区切りかな。 への2件のフィードバック

  1. 志水由美 のコメント:

    ご無沙汰してます。

    娘は、交通機関を使って通える名古屋のスタジオで、ダンスはずっと続けています。
    今中学生3年生になりました。
    今になってやっと、エンジン先生から言われていた「ダンスは表現だ」という意味が理解できてきたようです。今の自分のダンスでは「体操」だと、表現する難しさに悩んでいます。エンジン先生のレッスンが懐かしいようです。あの頃は幼く、大事な事を沢山教えていただいていたのに、なかなか理解できなかったようです。
    最近、エンジン先生のレッスン行けたら…なんて事も言っていたところでした。
    またワークショップなど、機会がありましたらお願いします。

    お疲れ様でした。

  2. ENGIN#9 のコメント:

    おお!お久しぶりです!

    ダンス続けているんですね!よかった!
    そうですか「壁」にぶつかっているんですね〜。大切な事です。
    必ず誰しもがぶつかり、悩む事。それは俺自身も例外ではなかったですから。

    故に、俺のレッスンって「即効性」はないけれど、必ずどこかで「気が付く」んですよ。
    そして、その気付いた時に、どう対処すればいいのか、それを教えているレッスンです。

    モエに一言伝えてください。
    「俺がレッスンで発していた言葉を一つ一つ思い出して噛み砕いてごらん」と。

    必要であればいつでもご連絡ください!(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です